カードローンって何歳まで借りられるの?年金受給者なら可能?

時間と場所の制約をあまり受けずにお金を借りられる便利さのあるカードローンですが、年齢制限なく契約ができるわけではありません。

何歳までならカードローンの契約ができるのでしょうか。また働いておらず年金で生活している場合でもカードローンは利用できるのでしょうか。カードローンと年齢および収入の形態との関係を確認していきましょう。

カードローンと年齢制限

|借入にあたっての年齢条件

カードローンに限らず、様々なローンには借入や返済について年齢制限が設けられています。一定年齢以上にならなければ借りられない場合や、一定年齢以内に完済しなければならない場合などです。

カードローンでは完済時の年齢を貸付条件に加えている業者はほぼ無いですが、一般的には次の年齢の範囲内での貸付を条件としている業者が多くなっています。

申込可能年齢:満20歳から満70歳までの間

上記については目安として参考にしていただき、実際はローンを扱っている業者によって異なるため、もし自身が高齢の時に借り入れる予定があるのなら何歳まで借り入れることができるかの確認をしておくべきでしょう。

またカードローン以外の種類のローン(住宅ローン、マイカーローン、教育ローンなど)ではこの申込可能年齢に加えて完済時の年齢が定めていることが多くなっています。

|年齢以外の条件

前述のような年齢制限に加えて、業者は貸出に対していくつかの条件を定めていることが普通です。よく目にする条件としては次の通りなので知っておきましょう。

  1. 安定して継続した収入がある方
  2. 指定した保証会社の保証を受けられる方

1の「安定して継続した収入」ですが、国民年金や厚生年金がこれに該当するかは業者の判断に左右されるところです。収入としてみなす業者もあれば収入とはみなさない業者もありますので、収入とみなされなければ当然年金のみで生活をしている人は1の要件を満たさないこととなります。

また収入とみなされても、返済が滞った際に返済を肩代わりする保証会社から断られると借入ができないのです。このあたりの判断は業者によって異なりますので、実際に問い合わせてみるのが一番でしょう。

|年金受給者が借りる場合の注意点

そもそも年金を受給できるようになる年齢は、早くても60歳で多くの人は65歳からとなります。そこで気を付けなければいけない点は、年金を受け取れるようになった年齢の時にはすでにカードローンの申込可能年齢を越えている場合があるということです。

年金が継続した収入とみなされても、年齢として利用条件を満たしていない場合もありますので、年金受給者の方でカードローンの申し込みを検討している方はまず年齢的な利用条件を確認しておくべきでしょう。

現役引退後の借入で注意するポイントお金&羽

|支出の増加

仕事で現役を引退し、年金生活を送る年齢となると様々な出費が必要となります。余暇を過ごすための支出、医療にかかることが多くなることから医療費の増加もありえるでしょう。

さらに移動にあたっては公共交通機関の利用も増えることから交通費が増加する場合もあります。年金で一定の収入があったとしても、借入をした際の返済を余裕でこなせるほどの金額をもらえる人はほとんどいないでしょう。

そのため年金で生活をされている方については、借入は極力控えて年金収入に応じた暮らしをしていくことが現役引退後に借り入れる際の注意点と言えます。

0 Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published.