カードローンの限度額と極度額の違いは?

カードローンやキャッシングを申し込む際によく見かける「極度額」「限度額」という二つの言葉。実は似ているようでその意味は大きく違うのです。違いを理解して利用しないと借りたいと思っていた金額が借りられないことも。

これらの言葉の違いを理解し、適切な借入ができるようにしておきましょう。

極度額と限度額の違い

|極度額とは

貸金業者が契約者に対して貸し出すことのできる契約上の最大額です。この額はあくまで「最大でこれだけのお金ならあなたに貸すことができますよ。」という金額でしかありません。

またこの極度額は貸金業者により「借入極度額」や「契約限度額」と表記されている場合もあります。

|限度額とは

通常は契約上借りられる最大額である極度額とは別に、今の時点で契約者が借りることができる実際の上限額が設定されます。それが限度額なのです。

極度額の範囲内で設定され、契約者の返済能力や信用度に応じてこの限度額が決まります。ですので、実際に借りことができる金額は極度額ではなく限度額となるので注意が必要です。

この限度額についても貸金業者によっては表記が異なり、「借入限度額」や「利用限度額」などと記載されている場合があります。

|極度額と限度額の違い

違いをさらに理解するため数字を当てはめて例を見てみましょう。
貸金業者にカードローンを申し込み100万円の極度額、20万円の限度額が設定されたとします。この時契約者が借りることができるのは限度額である20万円までとなるのです。

貸金業者としては最大100万円まで貸すことができるが、今の契約者の返済能力と信用度であれば現状で貸し出せるのは20万円までですよ、という意味になります。

このように、カードローンやキャッシングでお金を借りる際には契約上借りられる最大額である「極度額」と、契約者が現状で借りられる上限額としての「限度額」という二つの金額が設定されるのです。

そのため、自分が実際に借りられる金額を理解しておかないと必要な時に必要な金額が借りられないということになりかねません。

限度額を極度額に近づけるためにはカード

|限度額の増額

借入当初は貸金業者が契約者の返済能力や信用度を確認するために低い限度額が設定されます。しかし契約者の利用状況や返済状況に応じて、この限度額は増額することができるのです。

増額の際にはそのための審査が新たに必要で、クレジットカードでのショッピングのように使い過ぎたら自動で上限を引き上げてくれるようなことはありません。そのため増額の必要があれば自ら審査を申し込まないといけないのです。

|増額審査

増額審査では契約者の利用状況や返済状況を見られます。

利用状況というのは、申し込んでいるカードローンやキャッシングを利用しているかどうかです。利用の機会が少ないと、利用していないのに上限額を引き上げる必要は無いと判断されて認められないことがあります。

その他、いくら利用回数が多くとも契約して日が浅い間は増額できる可能性がかなり低くなります。貸金業者は長期に渡り継続して利用しているかを見るのです。

また返済状況は、借りたお金をきちんと期日までに返しているかというものです。借りたお金をきちんと返せていないことが信用度の低下につながることは十分理解できるかと思います。

|増額のメリット

増額ができれば、借りられるお金が増える以外のメリットがあります。それは金利が安くなることです。

どこの業者でも構わないのでカードローンの金利を見ていただければわかりますが、限度額が高いと金利負担は軽くなり、逆に限度額が低ければ金利負担が重い設定となっています。

まとめ

極度額と限度額の違いをお伝えしてきましたが、この言葉の違いが分かっていただけたでしょうか。また併せて限度額を増額することによるメリットをお伝えしました。必要なお金を借りられるよう適切に契約内容を理解し、少しでも有利な条件で借入をするための参考にしてください。

0 Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published.