事故情報がついたらもう一生カードローンは使用できない?怖い怖いそこのところ

カードローンの返済が滞ったり、債務整理や自己破産によって個人信用情報に一度登録されてしまったりした場合、もうカードローンは利用できなくなってしまうのでしょうか。

この個人信用情報はブラックリストや事故情報などとも言われますが、正しい知識を身につけておきましょう。

個人信用情報について

|個人信用情報とは何か

個人信用情報とは、クレジットカードや各種ローン契約に関する個人の情報のことです。詳しくは後述しますが、契約者の個人情報やクレジット・ローンの返済状況などが登録されており、言葉通り個人の信用力を示している情報となります。

この個人信用情報は、借入希望者の返済能力を調査する上で貸金業者が必ず活用しなければならないとされています。そのため信用情報に傷がつくような情報が登録されてしまうとそれ以降の全ての借入にマイナスの影響が出てしまうのです。

|信用情報として登録される内容

登録される信用情報としては主に次の項目があります。

  • 本人を特定するための情報
    氏名、生年月日、連絡先などの情報。
  • 契約内容に関する情報
    契約日、借入限度額、支払回数、契約業者などに加えて、借入残額、入金履歴、延滞の有無といった返済状況に関する情報。さらに債務整理や自己破産などをした際も登録されます。

これらの情報は個人信用情報を取り扱う信用情報機関が管理しており、登録内容に変化があった際は遅滞なく更新することとなっています。

さらにこの信用情報は信用情報機関の加盟会員であれば誰でも参照できる仕組みになっているため、信用の低下につながる一つの行いが今後の全ての借入に影響してしまうのです。

そうなると高額な物を買う際に必要なローン(自動車ローンや住宅ローンなど)を組むことも、クレジットカードを契約することもできなくなり生活に影響が生じることは間違いないでしょう。

|登録されているかの確認方法

パソコンとカード

信用情報の登録は、「クレジットカードを申し込んだ」「ローンを契約した」など、カード会社や貸金業者に情報を伝えた時点からされていきます。

信用力に影響しない情報であれば登録されても影響はありませんが、信用力の低下につながる恐れがある情報が登録されているかどうかは気になりますよね。

実はどのような情報が登録されているかどうかは、情報開示の請求をすることで簡単に知ることができるのです。機関によって取り扱っている開示方法は異なりますが、インターネット開示、郵送での開示、窓口での開示と方法を選択することができます。

今後ローンを組む予定のある人などは、借入業者が加盟している信用情報を確認して事前に調べておくのも良いでしょう。

|信用情報の抹消について

各信用機関によって扱いは異なりますが、信用力の低下につながる情報は一定期間後に抹消されます。延滞情報であれば延滞解消後1年から5年ほどで、債務整理や自己破産の情報は成立日から5年間登録された後に抹消となるのです。

そのため信用情報に傷がついてしまったとしても、その後信用力を下げないようにしていれば一定期間後には情報が抹消されて新たにクレジットカードの契約やローンの申し込みができるようになります。

若い時期に高額な買い物をする場合はローンを組むことがほとんどなので、特にこの時期は信用情報に傷がつかないよう気を付けましょう。

0 Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published.