総量規制って何?カードローンで借りられるお金と年収に関係が

カードローンでお金を借りる上で知っておくべきことが「総量規制」という規制です。この規制と借入限度額とは切っても切れない関係にありますので、しっかりと理解をしておきましょう。

総量規制とは

|総量規制と借入限度額

総量規制とは、個人が借りられるお金の総額(借入総額)を年収の3分の1に制限する規制のことです。例えば年収300万円の人が借入を希望した場合、最高でも100万円までしか借りられないようにすることがこの規制の意味となります。

新規で借入を行う場合にはこのような規制が適用されますが、この規制がかかる前から上限を超える借り入れをしていた人は新規の借入ができなくなるだけです。

また借入総額というのは一つの貸金業者からの借入総額ではなく、全ての業者からの借入を合計した金額となります。

貸金業者は借入の申し込みがあった際には、全ての貸金業者からの借入状況を管理している信用情報機関という機関に個人の借入総額を問い合わせるのです。業者はその結果と借入希望者の所得証明とを照らしあわせて、融資が年収の3分の1に収まるようにしなければ罰則を与えられます。

|総量規制ができた背景

2010年に多重債務問題の解決を目的として過剰な貸付の防止策が具体的に定められた貸金業法の改正が行われました。この過剰貸付の防止策の一つが、個人の借入総額の上限を定めた総量規制なのです。

そして貸金業者も貸し過ぎとならないように、信用情報機関を活用した個人の返済能力の調査が義務付けられました。

また1社から50万円以上借りる場合もしくは複数の貸金業者から合計100万円を超える借入となる場合には、業者は個人に所得証明の提出を求めることとする義務が課されました。こうして貸金業者が個人の借入総額を把握して返済能力を把握する仕組みが出来上がったのです。

|総量規制の対象外となる借入

しかしどのような借入であっても総量規制の対象になるわけではありません。住宅ローンをイメージしていただければすぐに理解できますが、家を建てるための住宅ローンでは年収の何倍ものお金を借りますよね。

このように年収を越えてお金を借りることができるのは総量規制の対象となっていないためです。個人が利用する可能性の高い借り入れで総量規制の対象から外れている借入をまとめますと次の通りです。

  1. 住宅ローン
  2. 自動車ローン
  3. 貸し手が銀行、信用金庫、農協などの金融機関からの借入(そもそも貸金業法に適用される貸付とみなされないため)

特に3があることで銀行や信用金庫からの借入を含めると年収の3分の1を超えるケースも出てきます。しかしそれはカードローンであっても上記のような金融機関からの借入であれば総量規制の対象になる借入とはならないためなのです。

まとめポイント

ご覧いただいたように、総量規制は個人の過剰な借り過ぎを未然に防ぐための措置であることをご理解いただけたかと思います。

つまりこの規制は返済能力を超えた無計画な借入をしてしまう個人側の失敗を防ぎ、また貸金業者からの過剰な貸付を規制して個人を守ってくれるものでもあるのです。

総量規制を制約と捉えずこのように考えることで適切なカードローンの利用を心がけましょう。

0 Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published.